実戦住宅ローン

当サイトには住宅ローンの組み方に関するたくさんの情報があります。ローンを決める前にこれを読めば賢い借り方が出来る可能性が広がります。


Home > コラム & News > 消費者金融を利用中の住宅ローン申込み

消費者金融を利用中の住宅ローン申込み

消費者金融の利用実績は住宅ローンの審査にマイナス

インターネットで借金の申込みが手軽にできるので、お金に困るとつい借りてしまうかもしれない消費者金融。消費者金融での借金に限らずクレジットカードのキャッシングローンなども住宅ローンの申込みにはマイナスです。

消費者金融などの借金は、ほとんどが生活費の不足や遊興費として利用される事が多く、出費を自制する心構えが足りず、安易な借金に頼りがちであると見られます。住宅ローンを貸す側からすれば、長期間にわたる返済中に住宅ローンの返済が出来なくなる恐れがあると判断されます。

消費者金融を利用中の人は絶対に住宅ローンを借りられないとは断言しませんがほとんど無理と思ってください。

消費者金融を利用中であれば全額の返済をして金銭消費貸借契約を解約してから住宅ローンに申し込むことが必要です。なお、延滞をしていれば個人信用情報機関に登録されていますから審査に通るのはほぼ無理です。延滞事故情報は5年間登録されるのでそれが消えるまでは待たなければなりません。そして、延滞事故を起こした先の消費者金融には記録が保管されるのでその系列銀行での住宅ローンの申込みは避けて他行に申し込む方が審査に通りやすいでしょう。

【広告】