実戦住宅ローン

当サイトには住宅ローンの組み方に関するたくさんの情報があります。ローンを決める前にこれを読めば賢い借り方が出来る可能性が広がります。


現在の住宅ローン事情

現在の住宅ローンは、日本の経済情勢、日銀の金利政策、各金融機関の金利引下げ競争の結果、依然として低金利が続いています。金利水準から考えれば今が絶好の住宅ローンの借り時であることには違いありません。

しかし、個人個人の財布の事情は、上向いている人もあれば依然として不調なままの人もいます。金利が低い今が買い時だからと言ってすべての人に当てはまるわけではありません。収入の見通しが不安なら無理は禁物です。収入的に不安が少なければ買い時かもしれませんが、グローバル化が進む中でお勤めの会社が不変的に好調であるとは考えられません。ということで安心できる住宅ローンの条件を考えてみましょう。

現在のようなかつてない低金利が続いている時に選ぶべき金利タイプは、変動型なのか固定型なのか、このサイトの中を右往左往していただければ分かりますが、結論を言ってしまえば、ローンが終わるまで返済金額が上がらない完全固定金利のローンがお勧めです。金利の底にある現在からみればいつかは金利上昇するしかありません。経済が上向けば金利が上昇に転じます。でも、完全固定金利型のローン契約であれば契約時の金利が最後まで続きます。デメリットは今後金利が下がっても固定金利ですから下がりません。よって変動型のように返済額が低くなることはありません。あなたは、このメリット・デメリットのどちらを重視しますか?


次のグラフは、住宅ローンの金利とシンクロしている長期国債利回り(10年物)と短期プライムレートの過去30年間の推移を表したものです。虚構だったバブル経済が崩壊し金利が急激に低下し、その後の失われた10年、その後も持ち直さずの空白の20年間を費やし現在に至ります。ここまで下がった金利、もう下がりようのないところをとっくに過ぎてるのに下がりましたね。さて、今後はどうなるでしょうか。

金利推移の仕組み等については、金利の推移をご覧ください。

サイトの概要

住宅ローンを選ぶ人のタイプは次の2タイプがあるようです。自分にぴったりの住宅ローンを探す人と、月々の返済額が返せられればそれで良しとするタイプの人です。

住宅ローンは大変長期に渡るものです。そして、日本の将来展望は、決して楽観視できるものではありません。雇用問題、収入の安定性、医療制度や年金制度は大丈夫だろうかと心配事はたくさんあります。

将来のことすべては日本の経済状態いかんにかかってきます。そして、日本の経済状態に大きな影響を与えるのは、少子高齢化と世界情勢の二つだと思います。両方とも大きな流れですがしっかりと向き合って行けば結果的には良い方向で、なるようになると私は確信しています。

長期に渡る住宅ローンも最初の段階から手を抜くことなく、しっかり向き合っていくことで安定的な将来でいられる可能性が高まります。逆に、ろくに考えずに決めた住宅ローンだと近い将来家を手放す結果になる可能性もあります。

このサイトでは、住宅ローンに真剣に取り組む方を対象にしています。マイホームを持ちたいという願い、住宅ローンが借りられるのか、また、どの程度借りられるのかという不安、賢く融資を受けたいなどの思いにこたえられる様なサイト作りを心がけています。

また、予定外のことが起きてローンに縛られている人生を送っている方にどうすればよいのかの指針になる情報なども盛り込むようにしています。

【広告】