実戦住宅ローン

当サイトには住宅ローンの組み方に関するたくさんの情報があります。ローンを決める前にこれを読めば賢い借り方が出来る可能性が広がります。


Home > 返済方法

元利均等返済と元金均等返済

元利均等返済

元利均等返済グラフ
  1. 仕組み

    毎回の返済額が初回から最終回まで一定になるように、毎回の利息部分と元金部分の割合が変化していく返済方法です。

  2. 特徴

    返済月額が最初から最後まで同じ。(ボーナス加算時を除く)

  3. メリット
    元金均等返済型と比べて初期の返済額が小さくて済みます。
    毎回の返済額が同じなので返済計画がたてやすい。
  4. デメリット

    元金均等返済型と比べて総返済額が大きくなります。

  5. 注意点

    変動金利の場合には、金利の変動で利息部分が増減しますから返済額は一定にはならず、返済額見直し時に変動する可能性があります。


右図は、エクセルでシミュレーションしたものをグラフにしたものです。
融資額:4千万円
借入期間:30年

元金均等返済

元金均等返済グラフ
  1. 仕組み

    毎回の返済元金が均等で、それに利息を上乗せしたものが月々の返済額となる返済方法です。

  2. 特徴

    返済額が毎回小さくなります。最初大変で後が楽といったイメージです。

  3. メリット

    元利均等返済型と比べて返済初期の元金の減りが早いため利息が少なくてすみ総返済額が少なくなります。

  4. デメリット

    初期の返済額は大きくなります。

  5. 注意点

    変動金利の場合には、金利の変動で利息部分が増減します。


右図は、エクセルでシミュレーションしたものをグラフにしたものです。
融資額:4千万円
借入期間:30年

ステップ返済型

過去には、住宅金融公庫でステップ返済、年金住宅融資ではゆとり返済の名称で利用されていました。現在は、民間金融機関で利用できる場合がありますが、将来確実に収入が増える確約が無ければ現実的な返済方法ではありません。

  1. 仕組み

    当初一定期間の返済額を少なくするかわりに、一定期間終了後に返済額を増やす返済方法です。

  2. メリット

    初期の返済が楽です。

  3. デメリット

    返済額ステップアップ後に収入が増えていなければ返済不能になります。初期の返済額が少ないため元金の減り方が遅い分利息が増えます。

  4. 注意点

    変動金利の場合には、金利の変動で利息部分が増減します。

【広告】