実戦住宅ローン

当サイトには住宅ローンの組み方に関するたくさんの情報があります。ローンを決める前にこれを読めば賢い借り方が出来る可能性が広がります。


Home > 住宅ローンの種類 > フラット35 > フラット35の特徴と概要

フラット35


フラット35の特徴と概要

  1. 金利は、最初から最後まで変わらない全期間固定金利のみです。(全期間固定金利とは
  2. フラット35の様な長期の固定金利は長期国債10年物の利回りに連動して金利が変動します。(固定金利と長期国債利回りの金利推移
  3. 住宅金融支援機構の証券化支援事業に基づく住宅ローンで、民間金融機関と住宅金融支援機構が共同で提供しています。
  4. お申し込み時ではなく、資金のお受取時の金利が適用されます。
  5. 金利は金融機関により異なります。

    各金融機関のフラット35金利情報 →住宅金融支援機構フラット35金利情報

  6. 住宅金融支援機構の技術基準の物件検査に適合する建物であることが条件になります。

    ちなみに、フラット35は物件に対する融資で、民間の住宅ローンは人に対する融資と言われています。

  7. 色々な種類があります。
    • フラット35買取型

      通常、フラット35といえば買取型のことです。住宅金融支援機構が金融機関からローンを買い取って証券化し、投資家に販売する仕組みです。

    • フラット35保証型

      金融機関が提供するフラット35の保証を住宅金融支援機構が引き受けるタイプです。フラット35保証型の取扱い金融機関は、現在はファミリーライフサービスだけです。

    • フラット35S

      省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を取得される場合に、フラット35の金利を一定期間(10年)引き下げる制度です。トップランナー基準に適合する住宅(一戸建て)、認定低炭素住宅、長期優良住宅、耐震等級3の住宅、高齢者等配慮対策等級4以上の住宅(共同住宅の専用部分は等級3でも可)のいずれかを取得される場合に利用できます。

    • 中古マンションらくらくフラット35

      機構が定める維持管理基準等に適合している築20年以内の中古マンションについて、適合証明の提出が省略できる制度です。
      対象となるマンション →物件情報検索(住宅金融支援機構)

    • フラット50

      長期優良住宅の認定を受けた住宅について、償還期間の上限を50年間とする制度です。

    • フラット35借換融資

      借換融資の取扱いを行っていない金融機関もあります。

    • フラット35リフォームプラン

      フラット35と取扱金融機関の提供するローンを利用することで中古住宅の購入とリフォーム工事の資金を一体の手続でお借り入れできる仕組みです。

【広告】