実戦住宅ローン

当サイトには住宅ローンの組み方に関するたくさんの情報があります。ローンを決める前にこれを読めば賢い借り方が出来る可能性が広がります。


Home > 返済困難

返済困難

(1)住宅ローンの返済ができない、どうしよう

不測の出来事が起こったり、甘い見込みでローンを組んだ結果、ローンの返済が滞ることがあります。困った場合には、これからどうすればいいのかを早く決めることが大切です。

大事なことは、一人で悩むより住宅ローン債務問題の専門家に相談する事ですが、相談相手がGoodとは限らないので、納得いかなければもう一人別の専門家に相談して自分が納得できる方法で行動を起こすことです。一番してはいけないことは、ローンを返すために他で借金をすることです。今あるローンを返済できないのに、新たな借入をするのは傷口を広げるだけです。

(2)最初にすること

現在の状況を客観的に把握します。
  • 返済金額を減らせば支払いが可能な場合

    借入した金融機関に返済困難の理由と支払方法の変更の相談をする。ただし、無条件に返済方法の変更に応じてくれるわけではありません。

  • 返済金額を減らしても生活が成り立たない場合

    次のステップに進みます。

(3)次にすること

今後の方針を立てるため、専門家に相談。住宅ローンという債務を整理する。家に住み続けたまま債務整理する方法もあります。
  1. 家を売ってローンを清算する。(任意売却)

    ローン残金が少ない場合は、競売よりも高く売れる通常の売却をした方が手元により多くのお金が残る可能性があります。金融機関に相談してから売却を不動産業者に依頼します。早く売らなければ競売が始まってしまうので相場よりは安くして売却を試みます。

  2. 自己破産する

    返済をストップした後、一定の期間を経過すると抵当権が実行され競売にかけられます。競売で落札されれば、家を明け渡し、落札金額でローン残金が支払われますが、なお、ローン残金が残る場合は、分割で支払い続けることになります。大抵は、自己破産をしてそれらのすべての債務から逃れるようにします。

  3. 個人再生をする

    住宅ローン以外の借金が無くなれば住宅ローンは払えるという方には、うってつけの債務整理方法です。住宅ローンは今までどおり払い続けなければなりません。借金が住宅ローンだけという場合は、上の二つの方法しかありません。

いずれにしても、債務整理の点からも精神衛生の点からも早く相談して処理方針を決めた方がいいです。

【広告】