実戦住宅ローン

当サイトには住宅ローンの組み方に関するたくさんの情報があります。ローンを決める前にこれを読めば賢い借り方が出来る可能性が広がります。


Home > 住宅ローンの種類 > 銀行ローン > 銀行ローンの特徴と概要

銀行ローン


銀行ローンの特徴と概要

(1)金利種類が豊富

金利動向や自分の考え方で金利種類を選べます。

  • 変動金利 (半年または1年ごとに金利が変動)
  • 固定金利 (最初から最後まで金利が変わらない)
  • 固定金利選択型 (一定の固定金利の期間が終了した時点で次の期間の金利種類を選択する)
  • 上限金利特約付き変動金利型 (期間内は上限金利以上に金利が上がらない。取扱う金融機関は少ない)

(2)銀行ローンは2種類に大別できる

  • 信用保証付きローン (保証会社を利用した上で融資する。)

    銀行の審査と保証会社の審査の両方になります。保証人は不要。保証料が必要です。

  • プロパーローン (保証会社を利用せずに銀行のリスク負担で融資する。)

    基本的に、プロパーローンは保証付きローンより金利が高くなります。保証会社を利用できない場合などに利用されます。連帯保証人が必要となるケースもあります。

(3)ネット系銀行ローンは比較的金利が低い

ネット系金融機関は、支店数や行員数が少ないので営業経費がかからない分、金利が低い場合が多いようです。

(4)返済能力や物件の担保価値などにより、融資条件が異なる

融資額は、年収などに基づく返済能力や不動産(土地・建物)の担保価値に左右されます。金利や保証料などの融資条件も審査内容に応じて変化することがあります。

(5)用途別に色々なローンの種類がある

  • 借り換えローン

    現在ご利用中の住宅ローンをより有利な条件の住宅ローンへ借り替えるためのローン。

  • 住み替えローン

    現在の住まいを売却して、新しい住まいを購入するためのローンで、新しい住まいの購入資金と、現在借り入れ中の住宅ローンの残債の清算に利用できます。

  • 建て替えローン

    現在の住まいを建て替えるためのローンで、新しい住まいの建築資金と、現在借り入れ中の住宅ローンの残債の清算に利用できます。

  • リフォームローン

    住宅の修繕やバリアフリー化などリフォーム全般のローンです。

  • 諸費用ローン

    住宅取得に伴う諸費用の支払いに充てるためのローンです。

【広告】