実戦住宅ローン

当サイトには住宅ローンの組み方に関するたくさんの情報があります。ローンを決める前にこれを読めば賢い借り方が出来る可能性が広がります。


Home > 住宅ローンの種類 > 銀行ローン > 銀行ローンの利用条件

銀行ローン

銀行ローンの利用条件

どの金融機関もほぼ同じ内容ですが、申込人の上限年齢や勤続年数など違いもあります。

  1. 満20歳以上満71歳未満で、最終ご返済時の年齢が満81歳未満の方 (上限年齢は金融機関により多少違います)
  2. 団体信用生命保険に加入が認められる方

    (保険料は金利に含まれています。なお、健康状態の告知内容によって保険審査が通らなければ融資も否決となります。)

  3. 安定した収入のある方 (勤続年数1年以上または3年以上としている金融機関が多いです。)
  4. 保証会社の保証が受けられること (プロパーローンを除く)
  5. 原則、日本国籍の方または永住許可等を受けている外国人の方
  6. 本人居住用の土地・住宅の購入、住宅の新築・増築・改築、底地の買取資金
    不動産購入資金のほか、火災保険料、保証会社手数料・保証料、仲介手数料、担保関連費用、印紙税、引越費用、修繕積立金、リフォーム費用、付帯工事費用、管理準備金、水道加入金に使えます。

    (取り扱い金融機関によっては別荘等のセカンドハウスも可となる場合があります。)

  7. 50万円以上1億円以内(1万円単位)(金融機関により多少違います)
  8. お借入期間は、1年以上35年以内(1年単位) (金融機関により多少違います。)(中古建物を購入する場合、借入れ期間の制限を設けている金融機関が多いです。)
    固定金利選択方式は2年以上35年以内
    全期間固定金利方式は11年以上35年以内

利用できる借入額は、返済比率 (年収に対するすべての借入れ返済年額の割合)と物件の担保評価に左右されます。
年収ベースでは、概ね次の基準が目安になります。 (金融機関により多少違います)

年収300万円未満の方は、20%以下
年収300〜500万円の方は、25%以内
年収500万円以上の方は、30%以内

収入を合算できる場合もあります。

【広告】