実戦住宅ローン

当サイトには住宅ローンの組み方に関するたくさんの情報があります。ローンを決める前にこれを読めば賢い借り方が出来る可能性が広がります。


Home > コラム & News > 株式会社優良住宅ローンの評判

株式会社優良住宅ローンの評判

公開日 2016年2月3日

超低金利の今現在、住宅ローンを借りる時の金利型は、当サイトでは、完全固定金利型を推しています。この型は、返済の最初から最後までずーっと金利が変わりません。

完全固定金利型を推奨する理由は、単純に超低金利時代に借りるのは固定金利型が王道だからです。今以上に金利が下がったとしてもたかが知れています。今回のマイナス金利の経済政策で更に住宅ローンの金利も下がることが予想されています。現在2月の某ネット銀行の住宅ローン変動金利は約0.6パーセントです。銀行も利益を出さないとつぶれてしまいますから、下がるとしてもわずかだけです。逆に金利上昇局面を迎えた場合は何パーセントも上がる余地があります。以前のバブルの時のようなすさまじい金利上昇はないと言われていますがかつては8パーセント以上の金利でした。ですから今の金利より2パーセント程度上がる位はリスクとして当然考慮しておく必要があります。2パーセント上がると今の金利の4倍以上になります。もし今の返済がカツカツの状態なら返済額上昇分の捻出は出来ないでしょうから破産の可能性大となります。

さて、完全固定金利型の住宅ローンといえば住宅金融支援機構と各銀行が共同で提供するフラット35が有名です。フラット35のほかにも銀行独自の長期固定金利もあります。しかし、概ねフラット35の方が金利的には低めのようです。なぜか? フラット35には団体信用生命保険の保険料分が入っていないからです。ローンを比較する場合、同じ条件で比較しないと意味がありません。銀行ローンの場合は団体信用生命保険に加入するのが条件であり保険料が含まれた金利となっています。フラット35は団体信用生命保険はオプションで加入が出来るようになっています。オプションですから入っても入らなくてもかまいません。しかし、比較するときは保険料も加味して同じ条件にしないと比較になりません。

ローンを借りている間に一家の大黒柱に万一が合っても家族がそのまま家に住み続けられるように生命保険を掛けておくのを推奨します。団体信用生命保険でも一般の定期保険でも構わないので万一の時に保険金でローン残債を払えるように保険金を設定します。

株式会社優良住宅ローンの評判

前段が長くなり済みません。本題に入ります。

フラット35は住宅金融支援機構と各銀行が提携して共同で皆様に提供されます。銀行の裁量で金利や手数料を決められるので同じフラット35でも銀行により金利も手数料も違うことが多くローンの総返済額も違ってきます。総返済額の低いフラット35を扱う銀行は、フラット35のホームページで調べられます。各金融機関のフラット35金利情報 →住宅金融支援機構フラット35金利情報 ここで、借りる金額と期間等をを入力すると表が出ます。そこで総支払額の低い順で表示ボタンを押すと並べ替えられます。

表を見てお住まいの地区でも借りられる銀行が無い場合は、全国どこからでも申し込める株式会社優良住宅ローンや楽天銀行がお勧めできます。

本日のネット情報で優良住宅ローンのフラット35の契約が累計約3万8千件で融資額1兆円突破したとのニュースがありました(財経新聞ニュースより)。優良住宅ローンで借りる方が増えています。優良住宅ローンという会社は、2005年に独立系のモーゲージバンク(住宅ローン専門の金融機関)として設立した会社です。融資手数料率が低く、また、安全で確かな住宅の取得を応援するため住宅性能評価書を取得する住宅向けフラット35の融資手数料を大幅に割引いています。フラット35の融資がされるまでのつなぎ融資の準備もあり使い勝手は良さそうです。全国に7店舗しかありませんが、全国対応となっておりネットで当初は対応され融資実行時には出張してくれるようです。実店舗の銀行にありがちな足を運ぶという面倒なこともなく省けます。もちろん、店舗に近い人は足を運ぶこともいいとは思います。

ネット上の評判も悪くないようです。

【広告】